ホーム>ブログ>ある日の役員・理事会での出来事
ブログ

ある日の役員・理事会での出来事

 毎月、静岡市葵区紺屋町にある「静岡県洋菓子協会事務所」で定例会理事・役員会が行なわれています。東部・西部・静岡市・志田支部などから役員たちが集まり今後の洋菓子協会の展望を話しています。・・・・・あまり活発な意見交換もなく、4~50年変わらない感じです。

古く(80数年前)は、祖父たちが和菓子屋、料理からの派生・進化系として「洋菓子」として確立してきました。

海外や首都圏からも講師を招いたり、各地で勉強会・研究会・〇〇塾などの技術研鑽に励みました。

そして今日(こんにち)の理事会での会話

執行部:「会員の増強を考えなければ、減る一方では?・・・みなさんのご意見は?」

理事A:「今のままでも結構な事業はやっているのでは?」

理事B:「もっと会員のメリットになる事業を・・・」

理事C:「今のガトー誌には会費(約3千円/月)以上の価値はあると思うけど・・・」

理事D:「B会員(従業員)C会員、学生会員の数だけ増えていかないのは何故でしょう?」

「ガトーを辞める方々の感想はどうなんでしょう?想像ですが「本に業界紙(非売品)としての魅力が無い」(本屋の流通本やネットと情報が同じ)とか?」

「うちはコンテスト関係ないし、若者の新規雇用もここ数年していないので・・・」

任意団体の限界が見え隠れしています。

町内会や子供会、マンション管理組合やPTAと変わりません。・・・・・・。

_________________________________________

 

「静岡県洋菓子協会」の事業方針(第63回総会資料より)

『 菓子産業の振興発展を期し、会員の資質と技術の向上を図るため、併せて会員相互の親睦を図ることを目的として次の事業を計画する。』

1、連合会発行の「Gateaux」ガトー誌の配布(各店に個別配送移行して会合不要になりつつ)

2、役員会・総会など定期的なもの (チャット会議やSNSで十分かな?)

3、技術向上の事業・・・作品展、講習会・・・・(数店の参加者と専門学校の学生)

4、若手育成のための事業・・・・・?????(学生用?ホテル・個店有っての若者では?)

5、会員相互の親睦・・・・(飲みニュケーションは大事です!・・・が、メンバーもマンネリ化)

____________ここまで____上の《・・・(セリフ)の部分は私見です》

上記のように既存の「洋菓子協会」に、何か足りない気がするのは私(管理者・菊川)だけでしょうか?

次回、足りない部分とこれからの事

そこで次回、洋菓子協会なら任意団体より「一般社団法人」として責任ある事業をもっとするべき!(予定)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.patisserie-rara.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/70